念願のダイソンV8を購入しました!
P_20200718_122243_vHDR_Auto

◯購入したのは 「dyson v8 fluffy extra」です。
 某テレビショピングで格安で購入できました!
P_20200718_122052_vHDR_Auto

P_20200718_122039_vHDR_Auto

P_20200718_122310_vHDR_Auto

◯セットの内容は若干違いますが、公式ホームページ掲載の、このセットとほぼ同じようです。
 フトンツールが入っていないようです。直販限定のセットのようですが、今は販売していません。
 単体購入と同じ値段で、セット込みでお得に購入できました!

範囲を選択_007

今は軽量なdyson V11が販売されていますが、あえて格安のV8を購入しました。



コードレスクリーナーは、普段の収納に困ってしまいます。
収納用ブラケットを直接壁にネジで固定すれば良いですが、借家の場合はそれができず、立てかけスタンドを使うことも多いようです。

こんなのです





しかし、スタンドは倒れることも多いらしく、購入に躊躇していました。
検討した結果、我が家は持ち家なので壁に穴を開けても問題ないので、倒れて高価なダイソンが破損するリスクよりも、穴を開けても安定していて、普段も使いやすい壁掛けを選択しました。

そこで、直にダイソンの収納ブラケットを直付けするのではなく、ピンで固定するホルダーをみつけました。
この製品です。



「オークス株式会社」という日本のメーカーが販売しています。
 ダイソンの純正ではありませんが、このホルダーを壁につけて、そこにダイソンの収納ブラケットを固定します。
 固定はピン止めなので、ピンを抜いた跡も目立ちません。
 耐荷重3kgです。 

P_20200718_121316_vHDR_Auto

P_20200718_121401_vHDR_Auto

P_20200718_121410_vHDR_Auto

P_20200718_121613_vHDR_Auto

◯このホルダーにダイソンの収納ブラケットを固定します。
P_20200718_121811_vHDR_Auto

◯掃除機をぶら下げて固定するので、下との間隔は120cm程度とる必要があります。
 又、充電器のコードの長さを考慮して、コンセントの近くに固定する必要があります。
範囲を選択_002

◯まず画鋲などで軽く固定します。
 固定が軽すぎると、作業中落下してしまいます。自分は落としてしまいました。
 画鋲で固定するとピンより少し大きめの穴が残ってしまいますが、持ち家なので気にせず固定しました。
範囲を選択_004

◯次に、ピン止めを8セット用意しておきます。
P_20200718_133705_vHDR_Auto

◯ピンで固定する前に、水平器で水平を取った方がよいです。
P_20200718_133911_vHDR_Auto

◯シンワというメーカーの水平器を愛用しています。これはウッドデッキをつくる時にも活用しました。1個あると重宝します。
P_20200718_133926_vHDR_Auto



◯ピンを、10円玉を使ってさしこみます。軽い力で簡単にさしこむことができます。
P_20200718_134628_vHDR_Auto

◯まずは4箇所を固定すれば、その後の作業はスムーズです。
範囲を選択_006

◯8箇所にピンをさしたら、カバーをはめます。
P_20200718_135114_vHDR_Auto

◯これで固定は完了
P_20200718_135154_vHDR_Auto

◯次に、ダイソン付属の収納ブラケットを固定します。事前に充電器のプラグと線は裏側から固定しておきます。
P_20200718_135301_vHDR_Auto

◯壁に固定した金具に、このカバーをかぶせます。
P_20200718_121401_vHDR_Auto

◯次に、ダイソンの収納ブラケットをネジ止めします。2箇所固定するだけです。
 強くねじ込むとプラスチック製のブラケットが破損するので、適度な力加減でねじ込みましょう。
範囲を選択_005

◯自分はこんなラチェットドライバーを愛用しています。
P_20200718_133743_vHDR_Auto

◯マイナスとプラスを差し替えると両方使えます。
P_20200718_133812_vHDR_Auto


◯これで固定は完成!
P_20200718_135506_vHDR_Auto

◯壁への収納で邪魔にならず、倒れる心配もありません!
P_20200718_135549_vHDR_Auto

◯床との隙間も適度にあります。
P_20200718_135558_vHDR_Auto