P_20190323_113702_vHDR_Auto

台所での作業ではダスターを使ってシンク周りを掃除することが多いが、我が家ではもっぱら、
「Fuji カウンタークロス」を使用している。これは、「株式会社 尚美堂」(創業 昭和34年9月10日)という会社の製品。
「カウンタークロス」はレーヨン100%の不織布でできているダスターである。

レーヨンとは、
パルプコットンリンターなどのセルロース水酸化ナトリウムなどのアルカリ二硫化炭素に溶かしてビスコースにし、の中で紡糸して(湿式紡糸)製造する。ポリエステルなど石油を原料とした化学繊維と違い、加工処理したあと埋めると土に還る。
引用:Wikipedia
URL:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%A8%E3%83%B3


とある。
化学繊維であるが土に還り自然にもやさしい素材。吸水性にもすぐれている。

この製品を知ったのは高校生の時に、ファミリーレストランの厨房でアルバイトをした時。厨房では必需品であった。必ずこのダスターを手に持っていないと、チーフに叱られたくらい、なくてはならないものであった。熱いフライパンの取ってをこれで包んで握ったり、皿への盛り付けの際に汚れた皿の縁を拭き取ったり、汚れたシンクもこれでサッと拭き取っていた。薄手のものは引き出しの中に敷いて、スプーンやフォークなど食器類を入れていた。

使い慣れていて良い製品だったので店で探したが、店舗で販売されているところを目にすることがなかった。
それが、Amzonで販売されているのを発見し手に入れることができた!ネットが普及しなければ購入するこができなかった。便利な世の中になったものだ。ネットで見つけてからは必需品でストックしている。




◯薄手(35×60cm)、厚手(35×60cm)、厚手大判(60×61cm)とあるが、我が家では「厚手」を愛用
P_20190323_113702_vHDR_Auto

P_20190323_114213_vHDR_Auto

◯業務用であるが家庭でも使える!
P_20190323_114218_vHDR_Auto

◯色はピンク、グリーン、ブルーの三種類あるが、我が家ではキッチンまわりではグリーをシンクやレンジ周りに使用し、ピンクは食器や包丁、まな板などを拭く用に使い分けている。色分けすることで便利に使い分けることができる。
P_20190323_114143_vHDR_Auto

P_20190323_114500_vHDR_Auto

◯1枚ずつ上から引き出して使う。
P_20190323_114552_vHDR_Auto

◯折りたたんで水に濡らして使用する。吸水性がよいと言っても、乾燥した状態では水を吸い込まない。
P_20190323_114701_vHDR_Auto

◯洗濯して何度も使用するが、台所で使い古したら、窓、サッシ周り、床の掃除に使ったり、車やバイク、自転車、釣り竿を拭いたりと使い込んでから捨てる。1枚当たりの値段は27円程度であるが、使い込めば十分元は取れる。我が家ではこの状態でも台所で使用している。
P_20190323_114834_vHDR_Auto